けんしくんずぶろぐ

おめんたいたい!けんしくんです!

やりたいなら火を絶やすな

おめんたいたい!
けんしくんです!

なぜかこの年になって
異様なほど挑戦心が
出てきた。

しかし
自分の挑戦を優先すると
家族が犠牲になってしまう
可能性もある。

仕事であれば
残業したり勉強したり
することによって

家族との時間はなくなる。

起業を考えるとなると
会社を軌道に乗せるまで
収入が不安定になり

家族の生活の支えがなくなる。

自分の知名度
上げようとすれば

家族がイヤな思いをすることもある。

何でもっと独身のときに
色々な視点をもって
挑戦してこなかったのか

時間が悔やまれる。

とかマジメに家族の
せいにしてみたけど

そういえば僕。

熱しやすく
冷めやすいタイプ
だったの忘れてた笑

いつも興味があると
突っ走るけど
やりきらないことも多い。

よく剣道を何年も
続けているなと
自分でも不思議だ。

だから
もしかしたら
今のやる気もどこかに
消えてしまうかもしれない。

それでも
やっぱりやる気って
いうのは自分を元気に
してくれるから
あった方がいいよね。

やる気があるときは
自分の失敗も他人の失敗も
許せるし

ポジティブになれる。

常日頃から
そのテンションを
持続するのが理想だろうけど笑

熱しやすく
冷めやすいタイプの人は
熱があるうちに

物事をやり遂げてしまえばいい。

こんなふうに
考えるようになった。

もっともっと
薪を供給して
熱量を高めていきたい。

まずはYouTube

来年といわず
今から成功に向けて
取り組みます。

(いや、仕事頑張れよ)

それではまた次回♪

満員電車の恐怖

おめんたいたい!
けんしくんです!

最近、朝乗る電車が
ぎゅうぎゅう詰めの
満員電車なんだ。

密とか関係ないんだ。
密集をこえて凝縮してる。

今日、隣に立っていた
男性が貧乏ゆすりしながら
「うぅぅぅう~~」
とか言いながら
目を血走らせていた。

その振動が
ダイレクトに伝わってきて
とても怖かったんだけど

何かあったら
対応しなきゃいけないから
ずっと戦闘態勢でYouTube
みてたんだ。

結局、何もなかったけど
降りるときに酒臭かったから
二日酔いだったんだね。

辛いのにお仕事
がんばってえらいねって
思いました✋

電車によく乗る人は
わかると思うんだけど

たまに大声だす人がいたり

ケンカしてる人がいたり

ビックリするよね。

こないだは
声は出さないんだけど
アプリをやってる人がいてさ。

めっちゃスマホ
連打してるわけ。

よりによって
そういう人の隣に
なっちゃったんだけど

連打してる彼の肘が
僕の脇腹に刺さって

僕、太ってきちゃってるから
肉にめり込んでるわけ。

その人はすごく
小刻みに連打するから
揺れも細かいのよ。

そのたびに
お腹の肉が波打って
揺れちゃって
恥ずかしかった。

あれって
少しはダイエット効果
あったのかなー?

声をかけて
ゲームオーバーに
なったらかわいそうだから
やめといたけど
ここで言っておくね。

みなさんも
なるべく満員電車に
乗らないように
ご計画ください。

それではまた次回♪

足ックス

おめんたいたい!
けんしくんです!

フォロワーさんが
剣道の足さばきの
アドバイスを求める
ツイートを何度か
みたことがある。

それだけ足さばきへの
疑問が多いということだ。


何百とあるスポーツ。

重要となる体のパーツは
競技ごとに違うがほぼ共通
しているパーツがある。

手と足だ。

芦田愛菜だよ♪


ちがうか。


パラ競技でもやっぱり
手と足を使うことが多いから
大きく外してはないと思う。

それでは各パーツの
役割は何かというと

手は操作
足は移動だ。

「いや、腹筋がないと」とか
「柔軟性だろ」とかは一旦なし。

剣道では昔から
誰が言ったかよく
わからん言葉が
たくさんあるんだが

一眼(いちがん)
二足(にそく)
三胆(さんたん)
四力(しりき)

という言葉がある。

強い人は上から順に

目がいい
足がいい
度胸がある
パワーがある

みたいな感じかな?

目とか言われたら
そりゃそうだと思うけど
多分、相手への観察力が
あるみたいなことだろう。

視力とか皆ないとダメだし
それ言ったら心臓とか脳ミソ
ないとあかんもんね。

で、次にくるのが
足なんですよ。

いや、手どこいった?

って感じだけど
この言葉からは
足の重要性を
感じとることができる。

僕はスポーツにおいて
足はタイヤだと表現する。

タイヤが速く回転すれば
高速で移動することが
できるからだ。

車のタイヤは厳密には
真横に移動はできないけど
速く横移動したければ
足を速く横に動かす他に
ないことはイメージできる。

フォロワーさんは
メンを打ったあとに
速く抜けたいという。

それであれば
シンプルに足を
速く動かせばいい。

その「足を速く動かす」
方法については先生方に
よって解説が異なると思うし
理想もあると思う。

すり足厳守の先生もいれば
大またじゃなきゃいけないと
いう先生もおられる。

おっけーおっけー。

ただ、できるだけ
床にパワーを伝えて
すぐに床から足を離す。

そしてまた床にパワーを
伝えて...という連続の動作に
よって速く動くことが
できるので理屈は理解して
置いた方がいいだろう。

歩幅が大きくても小さくても
移動スピードが理想どおり出てる
ならおっけーよ。

もちろん練習方法も
たーっくさんあるんだから
色々と試してみるとよいですね。

フォロワーさんの
つぶやきを見ると
自分の技術も見直す
機会になっていい感じ♪

今日も元気に頑張ろう!

それではまた次回♪

いぇーい!めーっちゃみーつです!

おめんたいたい!
けんしくんです!

今日はいつもの電車を
数本乗り遅れてしまった。

待っていたのは、密。

というより密着。

せっかく剣道で
マスクをしたり
シールドをつけても

これだけ不特定多数の
人たちと接近してたら
いつ感染してもおかしくない。

仮に呼吸をするだけでも
ウィルスが舞っているとしたら
電車内はパーリーだ。

体調管理をしっかりして
免疫力を高めておくのが
一番の自己防衛。

リンゴ食べよっと。