けんしくんずぶろぐ

おめんたいたい!けんしくんです!

失敗は最適化していくっちゅーことや

古くは「失敗は成功のもと」といって、失敗から学ぶことの大切さをことわざで表現していた。

励ましの意味が強いのではないかと感じる。


現在は「失敗しに行け」

失敗体験を成功に変える前提の言葉へと変化した。

だけど、やってはいけない失敗もある。

「手抜き」による失敗だ。

過失でのミスはギャンブルに過ぎない。

積み上げてきた信頼を失うには最適だ。

ほんの少しの時間とコミュニケーションを省略したばかりに失敗した事例は誰にでもあるだろう。


一方、許される失敗のひとつに「新たな挑戦」がある。

よく言われるのはブログやSNSYouTubeを早く始めようというものだ。

これらは、ルールと個人情報の管理さえ徹底すれば自分を名前を売り出すのにとても有効だ。

しかも、お金をかけずに始められる。

失敗してもどんどん改善することができて、成果に結びつく。


この発想を普段の仕事で応用したら、どうなるだろう。


失敗から学び、改善策を打ち出し対策する。

つまり仕事が最適化されていく。

毎日、同じような作業をしていると同じような失敗が起こるものだが、ここで学びをきちんと入れることが大切。

「失敗という認識」を重要なアクションとして受け止めることによって「失敗しに行け」が成り立つのだろう。

やめるか改善するかは失敗を受け止めてからの判断であり、実行する前から失敗するだろうと決めつけるのは「石橋をたたく専門家」であり、前進する開拓者にはなれない。

橋の構造がどうなってるかなど、進んでみなければわからないことも多い。

まずは失敗を前提で挑戦(即行動)せよ、というのが世のトレンドである。


もっとも、SNSYouTubeに失敗することが深い谷に落ちて命を失うことと同等だとは思えないが。

おめんたいたい。