けんしくんずぶろぐ

おめんたいたい!けんしくんです!

海外は旅行だけじゃない

おめんたいたい!けんしくんです!

このブログの読者さんについて、グーグルアナリティクスで調べていたところ、外国からのアクセスがあることが判明した。

大変ありがたいことだ。
この場でお礼をさせていただきます。



さて、外国といえば昔ヨーロッパへ剣道をしに行ったことがある。

とても印象深かったのが、日本人よりヨーロッパの剣道家の方が熱心に稽古をしていたことだ。

全体稽古が始まる前の自由時間に、ヨーロッパ人は日本剣道形を自主的に稽古している。

マジで。

日本の稽古場では見たことがない風景だった。

ヨーロッパでは竹刀剣道より、剣道文化の根源である「日本刀文化」をリスペクトしているのかもしれない。

外国人ならではの動きの固さはあるものの、発せられる気迫は当時の自分を圧倒的に上回っていた。

実際に稽古をすると、自分の方が技の種類も多かったし、実際に打つことができた。

しかし、近接したときの真剣な眼差しは狂気を感じるほどだったし(大げさじゃなくてホントにこわい)、

捨て身で打ちかかってくる姿は、真剣勝負そのものだった。

もし竹刀での稽古でなく、真剣での命の勝負なら、戦う以前に逃げている可能性が非常に高い。

そんな経験をしたので、日本に帰ってきてから剣道形をするかと思いきや、やっぱりやらない笑

言い訳すると、刀法について学ぶのはもちろんだが、僕は日本刀と竹刀は別物だと思っている。

斬撃と打撃は違う。

しかし、日本刀が竹刀に進化したという歴史や精神性、文化や取り扱いの方法については理解を深めていきたい。

話をもどそう。

ヨーロッパから帰ってきてからというもの、稽古前の素振りや、剣道形の稽古に対する意欲はとても向上した。

この経験をしてからというもの、日本で稽古するときに外国の方がいると、できるだけ稽古をお願いしたり、話しかけてパワーを分けてもらうよう努力するように努力している。


今の状況では渡航は難しいが、日本人の剣道家の皆さんには、ぜひ一度外国で剣道をすることをオススメする。