けんしくんずぶろぐ

おめんたいたい!けんしくんです!

おーい、ひげ。

おめんたいたい!
けんしくんです!

ヒゲまみれになった
自分の顔がにくらしい。

いつのまにかしっかりと
おじさんになってしまった。

僕が学生の頃、高校や大学の
先輩が、自分達がイケイケな
学生だった時代の話しをしてきた。

その度に、なんか古いなぁと
思っていた。すみません。

現在、僕も同じように
若い世代に自分がイケイケな
学生だった頃の話をする。

これは痛い話じゃないんだ。
歴史を伝承しているだけだ。
そう自分に言い聞かせながら。

心でそんな誓いを立てても
受け取る側からすれば、そんな
大義名分はどうでもよい。

結果として、僕はただ昔話を
しているだけにすぎないのだ。
ぴえん。


こんな言葉を教わったことがある。

「若者笑うな来た道だ
  老人笑うな行く道だ」

大変すばらしい言葉である。

全世界に広めたい。


正直、僕も学生の頃は、剣道で
あまり強くないのに的外れな
アドバイスをしてくる年配者に
嫌気がしていたし、

ある程度年を取ると、今度は
生意気な学生に態度を注意した
こともある。

それも人が通る道なのだろうが、
この言葉を知っていたら、
もう少し謙虚に話を聞いたり、
学生を許容することができたり
したかもしれない。

いい言葉なのに、
語源や誰の言葉かは
正確には不明らしい。

僕が教わったのは、
前の前の職場で上司が
教養中に人の生き方を
話していたときだった。


話を変える。

先日、外食先のレストランの
駐車場で、さぞかし楽しいのだろう。
踊り狂っている男子高校生がいた。

髪を振り乱して腰をクネクネ
しながら3回・4回と回転する姿に、
ジャニーズの審査員でも来ているのかと
周りを見渡してしまったほどだ。

イケイケな昔の自分だったら、

「ちょっと坊や、お遊びがすぎるゼ」

なんて声をかけていたかもしれない。

今は時代も変わったし、
どこでもダンス会場になり得るのだ。

僕も飲みすぎて、ところ構わず
お好み焼きを作ったことがある。
(詳しくは嘔吐で検索)

お叱りを受けて当然の
ことだったろう。
今では反省してトイレで事を
済ませている。

人は失敗を繰り返して
成長する生き物である。

同時に老いる生き物でもある。

若者もおじさんも老人も
それぞれの価値観を大事にして
生きていきたいものだ。


そして、科学研究者の皆さんには、

「なぜヒゲは濃くなり、頭はハゲるのか」

これを緊急の課題として
至急、解決方法を見つけて
もらいたい。

先輩方。

僕は今日も一生懸命ヒゲを剃り、
頭に栄養補給しています。

引き続き、ご指導のほど
よろしくお願いいたします。