けんしくんずぶろぐ

おめんたいたい!けんしくんです!

攻めピザ

おめんたいたい!
けんしくんです!

僕にもお盆休みが
やってきた。

一週間早いけど
立派な休み。
ムダにはしない!

さっそく息子たちと
家族だけの稽古会。

長男が「攻め」について
悩んでいるようだったから
手合わせをしてみると、

まぁ悩むだろうな。


「攻め」って。


奥が深くて色々な
表現方法がある。

それもまた攻めの
罠にハマっていく一つの
諸悪かもしれない。

こんな言葉を聞いたことは
ないだろうか。

***

恐懼疑惑(きょうくぎわく)

先をかける

後の先

虚(きょ)

陣地の取り合い などなど

***


どれも攻めに関する言葉。

理解していれば
その通りだろうが、
言い方をもっとシンプルに
できないものだろうか。


僕は攻めに悩んでいる
息子にこう声をかけた。


攻めとは、
「人の心を動かせるかどうか」だと。


解説すると、
人の心を動かすアクションを
こちらが仕掛けていく。

そして、相手の数ある
リアクションのうち、スキが
生まれれば打突のチャンスなのだと。

この際、それが先に攻めたか
後に攻めたかは伝えない。
効果的ならどっちでもよくないか?
※先に攻めた方が有利だろうけど

僕が過去に先生方に
言われて混乱したことは
次の通り。

僕が先に攻める→「我慢が足りない。」

僕が我慢する→「待っている」

これ剣道あるあるだと
思うんだけど、やめにしたい。

こんな気難しいこと
息子には説明したくない。

ということで
もっとシンプルに、
人の心を動かすことが
攻めなのだと伝えることにした。

高校生ということもあり、
話をする時間は最近あまりない。

だから、ピザの食べ放題という
ラフに話せる場を選んで
さりげなく「攻めとは~」について
叩き込んでみた。


悩み+高校生というお年頃。
一回では理解できないだろう。

しかし、なんとなく理解
できたかもというような
スッキリした顔に見えたので、
まぁ何とかするだろう。

あとは知らん。

この先、剣道のイロハを
教えるのに、一体あと何百枚の
ピザを老体の腹に詰め込まなければ
ならないのか。

夏の暑さと苦しい財政に、
焦げ付きそうなサイフが
冷や汗をかいている。

攻めとは結局のところ
度胸の勝負のような気もするから
精神論みたいなこともあるんだけど、

僕も息子に教えた通り、
まずは人の心を動かす
ということで復習しながら
やっていこう。

思わずいい勉強の機会に
なったことに感謝。

明日からの稽古もがんばろう。

あぁピザ食い過ぎた。
気持ち悪ぅ。