けんしくんずぶろぐ

おめんたいたい!けんしくんです!

ちょっと壁

おめんたいたい!
けんしくんです!

YouTubeの撮影すると
いつも思うことがある。

必要なことを伝える難しさ。

そして、自分が言いたいことを
伝える難しさ。

「必ず伝えたい情報」プラス
自分がその情報に込めた思いを
伝えようとすると、

何を伝えたいのか
わからなくなったり
長い時間話すことになる。

それでは必要なことだけ
話すとどうなるかというと、
固くて面白味のないトーク
なだてしまう。

まだまだ僕は勉強中だが
必要な情報を面白く
伝えるためには、

事前準備が大切だろう。

多くの芸能人も
使っているように台本や
カンペの利用はかなり有効。

セリフがすっ飛ぶことを防げるし
情報を整理して伝えることができる。

さらに、動画というのはテロップや
効果音でエンタテインメント性を
付け加えている。

面白く情報を伝える動画作りには
音や演出を鍛えるのもひとつの手段だ。

しかし、やはりトークが面白く
わかりやすくなければ演出だけで
ごまかすのも長続きしない。

動画でお金を稼いでいる人は
台本作りがうまいと聞いている。

気持ちがスッキリしていて
その場で軽快なトーク
爆発するときもある。

それは運任せ。

誰もが人前で話すときに
前もって準備をするはずだ。

準備力さえ身に付けば
動画の撮影時には自信をもって
力を発揮することができる。

そもそも
僕が剣道に費やしてきた時間と
動画作りに費やしてきた時間は
圧倒的に前者が上だ。

ほんの数日間、
動画を作ってみたからといって
必要な情報を面白く~とか
いう方がおかしいかもしれない。

あきらめずに修行していきたい。