けんしくんずぶろぐ

おめんたいたい!けんしくんです!

ひとことでどうぞ

おめんたいたい!
けんしくんです!


剣道とは何か?


ついこの間
同じ高校を卒業した先輩と
話しているときに向こうから
口にされた言葉だ。

先輩は少年指導に
かかわっており高段者の
先生とも話す機会が多い。

そのなかで
先輩がおこなっている
指導方法を否定される
ことがよくあるそうだ。

先輩はそのたびに
「剣道とは何ですか?」と
先生方に質問するという。

しかし
先生方の口から先輩を
満足させる言葉は出てこない。

先輩は決して
好戦的な方ではない。
別にケンカを売ってる
わけではないのだ。

それでも指導法を否定され
マウントを取ろうとしてくる
先生がいればこそ、

剣道の本質は何か
問いただしたくなるのだろう。

そこでバシッと
「剣道とはこうだ!」という
回答をもらえた先生はいないらしい。



そう言われてみると
たしかに僕もわからん笑


皆さんは答えられるだろうか?


ちょっとこの記事を
書くに当たって僕も何か
考えなくちゃと思ったんだけど。

僕にとっては剣道は
「日常」かな。


あ、これ後で変更する
可能性あります✋笑


すごい大層なことと
結びつけてみようと
思ったんだけど、

剣道=○○

この図式を作るのは
なかなか難しいね。

「心」とか
「修行」とか
「人(人間)」とかも

候補だったんだけど
何か大げさだなって。


だって心とかいったら
ウソになっちゃうなって
思ったの。

自分って普段の生活では
ズル賢いところがあったり
サボっちゃうのに、

剣道場では
マジメぶって
竹刀を振るんだから。


じゃー修行かっていったら
常に自分を高める努力は
してないよなって。

楽しい剣道したい
ときもあるじゃんか。


剣道=人なんて
いった日には、

「あんた二重人格かい?」

っていわれちゃうよ。


だから僕は剣道は
日常なんだなって思う。


サボるのも日常だし
気まぐれに頑張るのも日常。

頑張った成果が
出るのも日常だし。


道場にいるときも
普段生活するときも
変わらない日常が
剣道だよね。

だから道場でも
思いっきり感情を
出せばいいし、

普段の生活でも
そこそこ礼儀正しく
していれば自分を
よく見せる必要もない。

もし、カッコつけたければ
どっちも日常なんだから
好きなようにすればいい。

僕は結構カッコつけかな笑


こうすれば矛盾なく
気楽に剣道ができる。


「こうじゃなきゃいけない」
って考えも自分を高めるのに
有効だけど、

そんなに自分を
苦しめるもんなの?
剣道って笑


そうそう!

そういえばこの間
高校生の稽古に
お邪魔した。

そして試合もさせてもらった。


大人が何人かいたが
「高校生と試合」というと
嫌がる人が多い。

気持ちはわかる。

緊張するし
負けるの恥ずかしいし
無理して失敗したり
ケガしたりするかもしれない。

だけど、いいことも
たくさんある。

高校生は大人と試合が
できて楽しいし勉強になる。

大人は高校生と試合が
できてエネルギーをもらえる。
これは生きるスパイスだ。

どちらかというと
大人の方がメリットが
多いかもしれない。


そんでさ、もっというと。


武士って

いつでも

誰でも

これからもどうぞ
よろしくねって感じじゃん?


稽古不足とか


何ヵ月ぶりとか


試合用の剣道具じゃないとか


調子悪いとか


ケガしてるとか


いつも万全なときなんてない。


だから、そのとき
できることをできるだけ
やればいいのかなって。

みんなたくさん
稽古も試合もしてきたのに
大人になるとできなくなっちゃう。

この間の稽古に
行ったときにそれは
強く感じたね。

だから、剣道は日常。
かけ離れちゃうとしんどい。

そのまま、ありのままで。

もし日常のレベルを
上げたいときには稽古や
精神修行という手段がある。

部屋を片付けたり
食事にこだわったり
してもいいだろう。

新しい習慣を
取り入れたっていいし
続かなくてもいい。

できることが増える
喜びも達成できなかった
ときの後悔も日常なのよ。

そんでそのまま
剣道をすればいいってわけ。


話がずれてきちゃったけど
僕にとって剣道は日常。

もっといい考えや
教えがあれば更新
しちゃうけど♪



みなさんにとっての
剣道って何ですか?

#剣道 #先生 #けんしくん