けんしくんずぶろぐ

おめんたいたい!けんしくんです!

モデル、スタイル、シラベル

おめんたいたい!
けんしくんです!

昔、マネーの虎という
テレビ番組があった。

起業したい人が
お金持ちの社長たちに
自分を売り込んで

認められれば
出資してもらえる
という内容だ。

何人もの社長のなかに
冷徹の虎と呼ばれる
南原さんという社長がいた。

分析が非常に冷静で
感情に流されることなく
出資の決断をする男だ。

南原社長の来歴は
ウィキペディア
調べてみてください。

100億円稼いだのち
事業がうまくいかず
30億円以上の負債を
背負った南原社長。

激動の人生を歩んできた
南原社長がYouTube
話していたことが
とても興味深かった。

それは

「ビジネスモデルは人それぞれ」
ということ。

講演会で受講生から
「仕事のモチベーション」の在りかを
質問されての答えだった。

南原社長は
モチベーションや
感情によって動く
タイプではないのだ。

そして逆に
楽しみややりがいなどの
動機に動かされて
仕事をする人もいる。

それらは
人それぞれであって
独自のスタイルや
どんな仕事と相性が
いいかも人によって異なる。

どうやって
モチベーションを
保つかではなく

自分が力を発揮するには
どんな行動がやり易いのか
どんなジャンルと相性がいいのか
分析する必要があるという
趣旨を南原社長は答えている。

これはすごく参考になった。

どんな組織にいても
例えば学校でも会社でも
「こうしたらいいのに」と
感じることは誰でもある。

この疑問や解決法が
組織に合わないことがあるが
それは自分が学校の方針や
企業理念と相性が合わないの
かもしれない。

だから気を落とす必要もないし
仕事ができないわけでもない。

ただ「合っていない」だけなんだ。

自分が経営者なら
好きなことを仕事に
している可能性が
高いから問題ないけど

会社勤めで
この相性問題で苦労する人は
多いだろう。

学校なら親が
面倒みてくれるけど
給料は自分で稼がないといけない。


しかし、原理がわかっていれば
余計に苦しむことはない。

学校だろうが会社だろうが
自分が組織に合わせて
少しずつ変わっていくか
ちがう組織に移ればいい。

もし皆さんの近くに
組織になじめない人がいたら
教えてあげてほしい。

もっとのびのびできる
ところがあるかもよって。

僕自身も
これから自分の能力を
最大限引き出すために
どんなことをすれば
よいか考えていきます。

自分のモデルやスタイルを
分析して思いっきり生きましょう!

それではまた次回♪