けんしくんずぶろぐ

おめんたいたい!けんしくんです!

校則イヤン♡

f:id:kensikun:20210321160003p:plain


おめんたいたい!

けんしくんです!

 

めっきり更新が途絶えた

けんしくんずぶろぐ。

 

まだまだやめる気

ありませんので

いつでも遊びに

来てください♪笑

 

今日、こんな記事を目にしました♪

 

ブラック校則「下着は白」全小中学校が見直しへ 鹿児島市教委 | 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

僕が思いつく校則違反といえば

・髪の毛(長髪、茶髪、最近ではツーブロ)

・服装(シャツ出し、時期外の制服着用、下着の色)

・チャリ通-自転車通学

 

などなど。

 

ざっと思いつくだけでも

けっこうある。

 

僕が中学校や高校のときに

先生が口を揃えていうのが

 

「社会に出たら困るから」

ということだった。

 

それと

「外見より中身を磨け」

ってこと。

 

僕は

「なんで先生は制服ないの?」

って思ってたけど。

 

ヒゲが長い先生もいるし

化粧している先生もいるし

白髪を染めてる先生もいるし。

 

ただ、大人になって

わかったことがある。

 

日本で社会人に

なるにはその教育が

すごく役に立つ

ということ。

 

多くの会社では

スーツや制服に身をまとい

上司のいうことに従って

仕事をしていれば生活ができる。

 

業務内容もある程度

マニュアル化しているから

商品開発部とか上昇志向が

なければ流れに沿うだけでいい。

 

先生の言う通り制服を正して

親の言う通り勉強すれば

進学ができて就職できる。

 

なんとも似たような流れだ。

 

これを逸脱すると

社会人の場合は

自分の所属はもちろん

 

お客様から

信頼を失うことにつながる。

 

日本で同じように

教育を受けて

同じように社会人に

なったから

 

そうあるべきなのだ。

 

だから、学生のときに

決められた規律に従わせる

という指導は

 

日本の社会人を養成するためには

効率的と考えていいかもしれない。

 

僕たちの世代くらいまではね。

 

先生は自分より

絶対年上だし

 

上司のほとんどは

年上だったり

年齢が近かったとしても

 

「校則を守る」世代の価値観で

僕たちは「生かされている」

 

だけどこれからは

大人も子供も関係なく

実力主義の時代が訪れる。

 

いや、すでに突入している。

 

小学生が起業をし

中学生が億を稼ぎ

高校生が世界を渡り歩く。

 

年功序列の法則が

崩壊しているということだ。

 

年配者は若年層の

髪型とか服装が

 

「自分の好みじゃない」とか

「失礼に当たる」とか

いっていられなくなる。

 

「校則を守らない人」でも

活躍できてしまうし

自分の上司になってしまう

可能性すらある。

 

まだまだ

そんなに大きな変化は

ないけど

 

今の段階で

過去と同じ感覚のまま

 

「こうあるべき」

 

と思っていると

あっという間に若い世代に

飲み込まれてしまうだろう。

 

あーこわい!笑

 

だけど一つ

有能な若い子たちを

味方につける方法もある。

 

「許容」すること。

 

絶対に許しては

いけない部分を見極めて

 

変化しつつある社会について

偏見なしで寄り添えば

自分の大きな武器になる。

 

サークルや部活動に

所属していた人に

身についてしまっている

感覚の一つに

 

「先輩たちの代」が終わり

「自分たちの代」になったら

思い切りやるぞ!

 

というのがあるけども

そんなの簡単に

ひっくり返されてしまう。

 

いつでもだれでも

実力を発揮できるから。

 

だからといって

若い世代も

気を付けなければ

いけないことがある。

 

今の時代は

まだまだ人間と人間との

結びつきが強い。

 

自分がよいと思った事業も

共感者や支援者なしでは

実現できないこともある。

 

だからそれぞれの

世代が何を大切にしているか

寄り添うことも必要。

 

特に日本文化は

年上を尊重することを

大事にしているし

 

今の大人たちは

僕も含めて

 

上の人間を

大切にしたから

自分も年下から

大切にされるだろう

 

という意識が

深く根付いている。

 

 

「校則」の在り方から

話がずいぶんと飛躍

しちゃったけど

 

校則も

多様な価値観を

受け止めながら

柔軟に対応することが

必要かもしれない。

 

今回はここまで、また次回♪